読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトミ☆クバーナのケセラセラ♪

 関西在住webライター(メキシコ帰り)の日々。

バーテンダー時代に見た「熟年不倫物語」

f:id:hitomicubana:20170118114607j:plain

 

お久しぶりの、バーテンダーシリーズ第三弾。

今回は「お不倫」編でございます。

バーカウンターは、不倫の宝庫。あっちを見ても、こっちを見ても意味ありげに視線を交わす熟年男女。

 

そう、恋は若者だけの特権ではないのです。このバーのお客様の主流は50~60代。人は年をとるほど、欲望に忠実になるのでしょうか…。

 

 「墓まで持って行くのよ」 

f:id:hitomicubana:20170325223816j:plain

「あのねえ、ふうりんかざんふうりんかざんだったの、私たち」

 

彼女は目をキラキラさせて言った。

 

「……はあ。」

 

私が間の抜けた返事をしたのは、「ふうりんかざん」が「不倫」の意だとわからなかったからではない。目の前の、60代の「オバチャン」が不倫の思い出を語ることに驚いたからだ。

 

「だからね、ふうりんかざん、だったの。わかる?」

 

私が理解してないと思ったのだろう、楽しそうにそう何度もくり返した。そしてそのまま、話を続ける。

 

「彼ねえ、若かったのよ。かなり年下。30後半だったんじゃないかな。

〇子さん、好きですぅ、って、言われてねえ。

いや、やめましょ、て言ったのよ。私は子供もいるし、もう、そんな年じゃなかったから。

でもねえ。彼もあきらめなくってね。それで、ふうりんかざんよ。ほっほっ」

 

楽しそうなお付き合いは、長くは続かなかったらしい。いや、節度ある(?)彼女が、続けなかったというべきか。

だからこそ今もこんなに楽しそうに、うれしそうに話せるのだろう。

 

「これは墓まで持っていく話。いい思い出よ」

 

私は当時、20代半ば。自分の母より年上で、どこから見ても「大阪のオバチャン」な彼女からそんな恋物語が出てくるなんて、ただ驚いた。親が恋愛してるところが想像できないのと同じ。

 

また別の日、彼女は言った。

 

「私があなたのように、今の時代に生まれてたらねえ…。

たぶん、こんなこと言っちゃダメなんだろうけど。

結婚してなかったと思うの。子供を生まずに、仕事を続けたかった。

家族は大事だし、後悔してるわけじゃないのよ。でもね。あのときは、結婚するしかなかったから……」

 

人には、親でさえ、私の想像できない思いがあるのだ。「もしあの時、ああだったら」という別の人生が。

そう気づいた瞬間だった。

 

なぜかモテるオッサン

f:id:hitomicubana:20170325225008j:plain

そのお客様は、西川のりおの顔をさらに大きくしてビックリマンにしたみたいな、アラレちゃんの漫画に出てきそうなオッサンだった。

スーツを来て部下を連れてくるので役職のある人なんだろう。

いつもニコニコして、女の子には「デートしよや」みたいなソフトセクハラ発言をするオッサンだったが、体に触ってこなかったので、バーで働く女子からしたら「愛想のいい扱いやすいオッサン」だった。

 

ある日、いつも部下とテーブル席に座る彼が、珍しく女の子(といっても30代、50代のオッサンからしたら女の子)を連れてカウンターに座った。

 

オッサンはあからさまに口説いていたわけではないが、いつものようにニコニコしながら、いつもみたいなジョークを飛ばしていた。

彼女は、あきらかに嫌がっていた。気が強そうな(でも不幸そうな)顔で、うさんくさそうにオッサンの言うことを聞いている。

 

彼がトイレに立ったとき、彼女は私に聞いた。

「あの人、いつもああなんですか? なんか、今日初めて一緒に飲んだんですけど…。誰にでもああなんでしょ?」

 

私は曖昧に「まあ、いつも楽しい感じですねえ」などと答えたと思う。

 

それが。

 

次来たら、彼女はオッサンに、落ちていた。

もうカウンターには座らなかった。テーブル席で横並びに座り、うれしそうにキャッキャウフフと話している。

バーの女子スタッフはざわついた。

「なぜあのビックリマンが…!?」

 

バブル時代にホストだった店長だけが、おごそかに言った。

「あの人、モテるよ。男から見ても魅力的やもん」

 

ああ、私には修行が足りない。オッサンが持っているのは、カネか、有能さか、それとも目に見えないテックがあるのか。

おしえて、オッサン。

 

トレンディドラマを生きる彼女

f:id:hitomicubana:20170325225223j:plain

40代の彼女は、どこかバブルの風が吹いていた。

前髪は軽く立ち、肩パッドが入ってそうな細身のスーツをぴしっと着ている。

仕事はできそうだけど、こんな人が会社にいたらちょっとびっくりするかも……というギリギリライン。

でも私のことを気に入って、いつも話しかけてくれた。

 

なぜなら彼女にとってここのカウンターは、秘密のデートの場所だから。そして私は唯一、思い切り恋バナできる相手なのだ。

 

彼は背が高くシュッとしていて、同じく40代。先に仕事が終わった彼女がカウンターで待ち、残業終わりの彼がやってきて二人で飲み、チュッチュし始める。

 

不倫のお客さんは「チュッチュして見られたい」派と「あくまで”嫁です”と言い張ってしっぽをつかませない派」に分かれる。

ただし本物の夫婦と「夫婦を装った不倫カップル」との間には、隠しても隠しきれない大きなミゾがあるので、大抵気づいてしまう。

 

さて、このバブルお姉さん、不倫関係も90年代トレンディドラマのようだ。

お姉さんと、夫と、不倫相手はみんな同じ会社で働いている。

しかも夫と不倫相手は同期。お互いによく知る相手だ。

配役すると、石黒賢織田裕二? 唐沢寿明江口洋介? 彼女はぜったい、千堂あきほ。(前髪立ってるから)

 

お姉さんにはかわいいひとり息子がいる。確か小学6年生くらい。物分かりがよく、ママがデートで遅くなるときも

 

「今日、飲んで帰るねぇ~って言うと、”晩ごはんのお金ちょうだい。あと、飲み過ぎちゃだめだよ”って言うの~。もう、かわいいのよ息子~~っ」

 

らしい。

う~~ん、息子、不倫気づいてないか?と思わんでもないが、母は不倫をやめられない。だってこんなに燃え上がってるんだもの。

 

夫も彼女も不倫相手も、それぞれ責任ある役職につき、多忙で、家庭をかえりみるヒマがない。ストレスフルな毎日の中に咲く、一瞬のあだ花。

 

ふたりで一杯飲んで、いい感じにイチャついたら、さっとお会計してホテルに消えていく。それで明日からまたがんばれる。てっとり早いドリンク剤。

 

数か月が過ぎたある日、彼女がひとりでやってきた。最近は、彼と会わない日もふらっと寄ってくれる。

 

「彼ね~~。転勤するのよ、東京。まあ、前からわかってたんだけどね」

 

「どうするんですか?」なんて野暮なことは聞かない。

 

「息子も、今年受験だしさ。あたしも母親しなきゃな~~って。もともと深入りする気はなかったし~。だって夫の同期だよ~~。お互い家庭もあるしさあ。

私は息子がかわいいし、ね」

 

そう誰に語るともなくつぶやきながら、ひとりでビールを飲んでいた彼女。

そのあと、姿を見せることはなかった。思い出に耐えられなかったのだろう。

 

毎日を乗り切るドリンク剤は、どれだけの虚しさと引き換えに、手に入れたものだったのだろう。傷ついたのは、傷つけたのはどっちか。

 

いつか彼女もオバチャンになって、「墓まで持っていくんだけどね」と誰かに話すことがあるのだろうか。

 

不倫してみたいオジサン 

f:id:hitomicubana:20170325230429j:plain

50代、いつもカウンターで静かに飲んでいる気のいいオジサン。

他愛ない話を好むお客様なのに、ある日ちょっとまじめな顔でこう聞かれた。

 

「自分には守らなきゃいけない大切なものがあって、でも反対にやりたいことがあるとする。それをしてしまうと、必ず大切なものを傷つけるとしたら……あなたならどうする?」

 

「……」

なんだその謎かけ。もっとストレートに言ってくれ。

 

「やりたいこと、やってもいいのかなあ…。その一歩が踏み出せないんだよなあ…」

オジサンの顔はけっこうマジだ。これは下手な答えはできんぞ。

 

しかし、明らかに「不倫していいかどうか悩んでる」感じだ。でも、いつも奥さんの話も気軽にしているオジサンが??……だまされてんじゃないの?

 

私の頭はフルスロットル。何と言えば、やんわりとオジサンをこちら側にひき戻せるか。アカン、だまされてる、だまされてるよ!

 

「だ…大事なものがあるなら、それを壊すリスクをもう一度考えたほうがいいんじゃないですか。壊れたものは、もう戻せませんよ」

「そうかあ…」

 

そうだ、オジサン、あんたもう50だろ、今から妻子を失ってどうするんだ!気の迷いだ、やめときなさい!!

 

オジサンは私が背中を押してくれなかったので話が弾まず、話題を変えた。

「今度、映画館にヘルタースケルター見に行くんだ」

 

えらい若いお相手なんですね、オジサン。それで浮かれているのか。

 

「……沢尻エリカ、脱ぐと思う?」

 

あ、これはあかんわ。そんなこと言ってちゃあ、お望みの結果は得られませんよ。ビックリマンオッサンの爪の垢でも煎じて飲んでくれ。

 

そしてそのあとは、どうか自己責任でお願いします。

 

 

※その他のバーテンダーシリーズはこちら。 

hitomicubana.hateblo.jp

hitomicubana.hateblo.jp