ヒトミ☆クバーナのケセラセラ♪

 関西在住webライター(メキシコ帰り)の日々。

人生の山の登り方。~目標に向かって歩いているすべての人へ

f:id:hitomicubana:20170301220946j:plain

人生の山は、前人未到

頂上に行くための舗装ルートはない。でも、なんとかして登りたい。

あなたなら、どう進む?

f:id:hitomicubana:20170301221110j:plain

 目の前に、はるばる一本道。

行きたい方向だけはわかってる。

でも、近くを歩いている人がだれもいないんだ。

 

最初の一歩を踏み出そうか、どうしようか。

 

今いるこの場所から、あんなに上までいけるかな?

f:id:hitomicubana:20170301221610j:plain

頂上に向かって崖をひょいひょい登る人もいれば、ゆっくりスロープを登る人もいる。

迷って同じとこをグルグル回る人もいたよ。

 

あ、近道はっけん。ラッキー☆

f:id:hitomicubana:20170301221829j:plain

歩いているうちに、自分のペースがわかってくるよ。

何を求めて歩いているかも、見えてくる。

 

一番てっぺんからの景色が見たい人、見晴らしのいいとこまで行けたら満足な人。

 

どんなスピードでどんな登り方でも、ほかの人と同じ景色は見えないんだ。

f:id:hitomicubana:20170301222251j:plain

登ってるときの気持ちによって見える動物や花は違う。

 

まわりを見渡せば、ひとりで登ってるわけじゃないことに気づく。

サクサク進む人もいれば、あなたよりゆっくりな人もいる。

上までひょいっと持ち上げてくれる人もいれば、「こっちが近道ですよ」と騙す人もいるかもしれないね。

 

f:id:hitomicubana:20170301222454j:plain

 がーん。近道だと思ったら、遠回りだった。しっぱいしっぱい。

 

中には「なんでこんなに早く登れるんだろう?」と思う人がいる。
そんな人をじっくり観察してみよう。うらやましがらなくてもいいんだよ。

自分と何がちがうかな。 

見つけたら、真似してみよう。

 

時には険しい分かれ道。

こんなとき、あの人ならどうしたかな。私はどうしたいかな…。

 

私はどんな景色が見たいかな。

f:id:hitomicubana:20170301223442j:plain

 

ぐるぐるハイキングだけで満足する人もいるけれど。

登れば思わぬ壁にぶち当たったりもするんだけど。

f:id:hitomicubana:20170301222635j:plain

 

こんな崖、登れないよ…と思ったら、無理せずほかのルートを探そう。

ケガしちゃうかもしれないから。

 

みんなに共通してるのは、足を前に出さないと進まないってこと、登れないってこと。ほんとうに上に行きたいなら、技術も経験も勉強も必要だ。

 

でもそんなに急ぐ必要はないんだよ。

歩くのに疲れたら、休まないと足が動かなくなっちゃうよ。

f:id:hitomicubana:20170301223126j:plain

 

たまには同じ山に登ってる人と語ってもいいんじゃない。

ほかのおもしろい山の話が聞けるかも。思いがけない近道を教えてくれるかも。

f:id:hitomicubana:20170301223230j:plain

 

夜になったら、心のみずうみに耳を澄まして、静かに眠ろう。

波打ってる表面の、そこのそこ。誰の声も聞こえない場所で。

f:id:hitomicubana:20170301223347j:plain

 

 

そして朝になったらまた、今いる場所から少しでも踏み出すんだ。

f:id:hitomicubana:20170301222848j:plain

 

人生の山は前人未到

その頂きを見たものは誰もいない。

正しいルートはないから、自分の頭で考えて、一歩一歩踏みしめながら登るしかないんだ。

 **************************************

 

先日、このブログを書く夢を見たので、書きました。

写真は2008年に旅した、ニュージーランドのマウント・クック国立公園。

 

なぜそんな夢を見たのかというと、前日にこの曲をカラオケで歌ったから。

youtu.be

仕事のテンション上げたいときにいつも聞く、NekamuraEmiさんの「YAMABIKO」。

夫とともに大ファンです。

特に好きな歌詞を引用します。

頂上の高さなんて 隣と比べるもんじゃない

頂上まで己を信じて 歩ける強さが全てだ

頂上を目の前に引き返さねばならぬのなら

それも勇気だ 涙を拭って

何度でも登って前を向け!!

 NakamuraEmi「YAMABIKO」より

 

それぞれの目標へ向かって、がんばりましょうね!(´∀`)