読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトミ☆クバーナのケセラセラ♪

 関西在住webライター(メキシコ帰り)の日々。

人生で「やらずに後悔したこと」を整理すると今後の方向が決まる

人生について

f:id:hitomicubana:20170225224109j:plain

↑2008年、オーストラリア・キングスキャニオンにて。(お尻出てるよ)

もう9年前とは。当時25歳ですね。

 

あれから私は何をしてきて、何をしてこなかったのか。

あなたは過去ネガティブ?過去ポジティブ?

私は過去を思い出すとき

「ああ言えばよかった…」「あのときああしていれば…」

とけっこう悔やむ、過去ネガティブ。

 

とは言っても好きに生きてきたので、そこまで激しく後悔することはないんです。それでも定期的に思い出す「やりたかったのに、やらなかったこと」。

 

困るのはそいつらの存在感が大きくって、なかなか「私は今までこれだけのことをやってきた!」っていう、過去ポジティブになれないこと。

 

どれだけまわりに「ヒトミは行動力あるぅ」だの「いろいろ経験してますねぇ」だの言われても、私自身がそれ、思ってない。

 

「もっと行動力があったら、こうしてた」「あのとき決断力があったら」とか、トシと共にそんな記憶が溜まってく。

 

なのでここでなんとか、過去ネガティブから過去ポジティブに転換できないか、人生の棚おろしをしてみようと思う。

 

なぜかってーと、この2月が終わると34歳になるのですよ。そろそろ、過去を前向きな気持ちで振り返りたいやん?

では、いってみよー。

 

今でも思い出す、やらなかったあのこと

 

・役者になるために東京に行かなかった

・フランスに演劇留学しなかった

・バイト先にちゃんと辞めますって言わずに辞めた

・元彼(シングルファザー)の子どものお母さんにならなかった

・親とちゃんと対話しなかった

・メキシコに住んでたのに南米旅行しなかった

・夫を傷つけたあの女を殴らなかった

・人の気持ちを考えずに、言いたいことだけを言いやりたいことだけをした

 

もう何年前やねん、てことも、ふとした拍子に思い出して、ちくちく胸を刺すのです。眠れない夜に、落ち込んだときに、何かをあきらめたいときに。

 

でも、こいつらの中で今でも本当に後悔してることって、あるんだろうか?

 

もう解決してることを消していく

 

自分の中で「もうええやろ」って思えることを消してみた。

 

・役者になるために東京に行かなかった

・フランスに演劇留学しなかった

・バイト先にちゃんと辞めますって言わずに辞めた

・元彼の子どものお母さんにならなかった

・親とちゃんと対話しなかった

・メキシコに住んでたのに南米旅行しなかった

・夫を傷つけたあの女を殴らなかった

・人の気持ちを考えずに、言いたいことだけを言いやりたいことだけをした

 

 

うん、3つに減った。その3つは、これからも取り返せること。

じゃあ今度は、「やらなかったこと」の代わりに私が「やってきたこと」も書いてみる。

 

私が実際にやってきたこと

 

・役者をやめて、ずっと行きたかった海外に出た

中南米に憧れ、キューバに留学し、スペイン語とドラムを習った

・海外で働くため、日本語教師の学校に通い、資格をとった

・メキシコで2年働いて、すてきな学生たちと出会った

・夫とつらい遠距離恋愛を経て、結婚した

・会社員生活が合わなかったので、辞めてフリーランスになった

 

書いてみるとそれなりに色々やって来てるのに、なんで過去を振り返る時にネガティブなことばかり思い出してしまうのか。

 

「やらなかったこと」を考えるより「やってきたこと」を思い出したほうが、これからやろうとしてることだって、ひどく簡単に思えるのに。

 

ばかだねえ。

 

このさき後悔しないで生きていくために

 

今後、「過去ネガティブ」のネタを増やさないために、どうすればいいか。

それは

・思い立ったことを

・思い立った時に好きにする

では決してなく、私の場合、

 

・もっと親と対話して

・人の気持ちを考えたうえで、ものを言ったり行動したりして

・南米を旅行する

 

コレだ。。

 

あなたは過去ネガティブですか、過去ポジティブですか。

あなたが今も思い出すそのこと、考える価値あることですか。

 

私は誕生日を前に、さっき消したことはもう忘れます。

そんなことより、夫や家族や友達との楽しい思い出だけをどんどん作って、おばあちゃんになったときに

「なんか楽しいことしか覚えてねぇや~☆」

ってなります。

 

疲れを知らない子どものように、時は僕らを追い越してゆくので。

呼び戻すことはできないので。楽しいことだけ連れて行きましょう☆