(こちらは旧・大人が本気で遊ぶログです)

現在のブログはこちら→hitomicubana.com

バーテンダー時代にお客様から言われた人生の格言

f:id:hitomicubana:20170118114607j:plain

↑写真、盛大に使いまわしております。

バーテンダーシリーズは全部これでいこうかしら。

 

前回こちらの記事を多くの方に読んでいただきました。

hitomicubana.hateblo.jp

 今回は、若かりし頃に人生の先輩たちからいただいた格言を3つ、ご紹介したいと思います!

死に際についての格言

その方は初めてのお客様で、カウンターでひとり、ウイスキーを飲んでおられました。年齢はたぶん40歳前後。

このバーでは若いお客様になります。

 

私の夢が海外に行くことだと聞いて、自分が漁船関係の会社で働いていることを教えてくれました。

 

「新入社員のときね、先輩と二人でロシア漁船に乗って何ヶ月も航海したんですよ。

 僕と先輩以外、みんなロシア人なの(笑)。ロシア語ほとんどわかんなかったけど、毎晩みんなでウォッカ飲みまくってさあ。楽しかったなあ。

 外国の人と関わるのは、いいですよ。行きたいなら行ったほうがいい」

 

そのお話はすごく興味深くて、目の前のこのスーツを着たサラリーマンがそんな楽しい経験をしていたなんて、いいなあ…と羨ましく思いました。

でも20代の私の不安は尽きません。

 

「若いときほど好きなことができるって言うけど、そうやって好きなことを続けていった結果、将来家族も持たないでひとりで死ぬのを想像すると、寂しくないですかね…」

 

そのお客様が家族がいるのかどうか、知りません。

もし私が彼の娘だったら、きっと違う答えを返していたでしょう。

ももう顔も覚えていないそのお客様の一言は、今もずっと残っています。

 

「そうだねえ。でもさ、人生で本当に好きなことができたんだったら、

 最後、ひとりで孤独に死んでも満足できるんじゃないかなあ。」

 

答えは死ぬまで、わかりませんね。

 

うぬぼれについての格言

次の格言は、長くかわいがっていただいた常連さんから。

大阪の大きいホテルの、接客の総支配人をされていました。

 

その方が働くホテルの最上階のバーで、ベテランバーテンダーさんのマティーニを飲ませてもらったことがあります。

「アイスピックを使うと味が変わるから」と、出刃包丁で氷を割っていたことが忘れられません。

 

そのお客様は、いつもカウンターでウイスキーを飲んでらっしゃいました。

楽しく冗談を言うのが好きな方で、ほとんど仕事の話などしたことがありません。

 

でもあるとき、私がふと

「初めてのお客さんと話して、次から常連さんになってもらえると嬉しい。だから、初めての方ほど話しかけるようにしています」

ということを言いました。

 

それに対する答えに、なるほどと思いました。

 

「確かに、自分のファンのお客さんが増えるとうれしいね。

だけどね、あなたに会いに来てくれる人の倍以上、逃したお客さんがいると思っていたほうがいいよ」

 

どんな仕事をしていても、いつも頭の片隅にある言葉です。

 

自分の立ち位置についての格言

そのお客様は、すでに定年退職した、毎週やってくる常連さん。

奥様に先立たれたあと、世界一周のピースボートに乗ったりと精力的に旅をしておられます。

 

今でこそ孫の話と奥様の思い出話が大好きなおじいちゃんですが、会社員時代は自分でアパレルブランドを立ち上げ、中国の奥地の工場長になったり、かなりアクティブにお仕事をされていた様子。

 

面倒見のいい方でしたから、よく悩みなどを聞いてもらっていました。

あるとき、私はこんなことを言いました。

 

「今、毎日仕事があって、生活できていて。安定はしているんですけど、なんだか自分が同じ場所で止まってるような気がするんですよね。

このまま半年、1年ずっと同じ場所にいるのかと思うとね……」

 

いつもニコニコしているそのお客様は、若い私に言葉を選ぶように、こうおっしゃいました。

 

「あのねえ、ヒトミさん。自分が『止まっている』と感じたとき、それはもう、後ろに下がり始めているときなんだよ。

同じ場所で止まっているためには、前に進み続けなきゃいけないんだよ」

 

自動で前に運んでくれていると思っていたベルトコンベアーが、急に向きを変えて後ろに進みだしたような、そんな感覚に陥りました。

 

誰かの言葉は何度も読み返す本に似ている

人に言われた言葉、特に年上の人が教えてくれたこと。

言われたときにピンとこなくても、自分が成長してから「ああ、こういうことか」と気づくことが多いです。

 

きっとみなさんが、「今わからなくてもいいから、いつか届くように」と思って言ってくれた言葉たち。

 

大切に頭の引き出しに閉まって、必要なときに取り出して眺めるようにしています。

それはまるで、初めて読んだときに難しくてよくわからなかった本のよう。

 

何年かして読み返すと「ああ、なるほど」と腑に落ちたり、今までと違った視点を見つけたり。

人と会って話すのって面倒なことも多いけど、年を重ねるほど、親切に教えてくれる人は減っていきます。

 

それまでの間にもっと言葉の引き出しを増やしたい。

だから面倒でも人に会うのがやめられないんです。