ヒトミ☆クバーナのケセラセラ♪

 関西在住webライター(メキシコ帰り)の日々。

バーテンダー時代に出会った、おもしろサラリーマンたちの話

 

f:id:hitomicubana:20170118114607j:plain

↑当時、20代中頃でしょうか。なんでも写真は撮っておくもんですな。

 

若かりし、嗚呼若かりし、若かりし。(一句)

 

大阪のホテルバーで働いていた20代

大学卒業後、ホテルバーをはじめ日本酒居酒屋、オーガニックワインのビストロ、もっと場末のバーなど様々な飲食店で働いておりました。

 

ええ、劇団員でしたから。深夜バイトがよくってよ。

 

そこで覚えたものは、酒の味。

 

バーテンダーという職業は、孤独な大人たちの独り言を聞く仕事でもあります。

 

今回は今まで経験した数ある接客業の中から、大阪のちょっといいホテルバーで私が出会ったおもしろサラリーマン3連発を、ご紹介します!!

 

ほぼ日手帳を欲しがるリーマン

f:id:hitomicubana:20170118163606j:plain

その人はたまに飲みに来る、推定30代後半~40代のサラリーマン。

 

口癖は

 

「おっしゃるとおり!!」

 

…営業さんかな?

 

その日も、お一人でカウンターに座ってウイスキーを飲んでいた。

 

そしていい感じにほろ酔いになってきたとき、こうつぶやいた。

 

「僕ね…ほぼ日手帳、買おうかどうか迷ってるんですよ…」

 

すぐさま

「わー、いいですね!」(てきとう)

と返事をする私。

 

実は私も、ほぼ日手帳、そのころ持ってた。

でも、使ってなかった。

 

だからこそわかる。

 

「毎日な~、書くことなんてないんだよな~~。でも、気になるぅう~~」

 

という、その気持ち。

 

ほら、ほぼ日手帳ってさ、買うまでに何度もLOFTに足を運んだり、ネットでいろんな人の使い方を見たり、その過程が醍醐味じゃない??

 

言うなれば、

 

買うまでがほぼ日手帳です。

 

みたいな。

 

しかし私はバーテンダー

 

自分語りより、お客様のお話を聞くのが仕事。

 

お客様のほぼ日手帳にかける思いを「うん、うん」と聞いていた。

 

なかなか、買うかどうかに踏み切れないお客様に、ポロっと言ってしまった本音がこちら。

 

「でも、ほぼ日手帳ってまわりで使ってる人見たことないですよね!」

 

お客様ははっ!と目を見開かれ、そしてこう叫ばれました。

 

 

「おっしゃるとぉおおりッ!!」

 

空き瓶を集めたがるオジサン

f:id:hitomicubana:20170118164055j:plain

 

続いてのお客様は、年の頃は50代後半。

 

ひとりでカウンターに飲みに来る常連さん。

 

顔は怖いが、優しい話し方のおじさんだった。

 

そのお客様には酔うと決まって語る、夢がある。

 

それは、

 

集めた酒瓶をバッキバキに割ってアート作品を作ること。

 

酒瓶といっても一升瓶じゃありません。

 

ウイスキーやジンなどの、透明なボトルに色がついてるやつ。

特に写真のグレンフィデックのような緑のボトルがお気に入りで、家で集めたボトルにライトを当ててはうっとりしているという。

 

ボトルだけでこんなに美しいのだから、老後はこのボトルたちをバッキバキに砕いて、ステンドグラスみたいな作品を作りたいらしい。

 

「でもね~、女房がね~。

 

こんなゴミ、早く捨てなさいって言うのさぁ…

 

わかる、わかるぞ、女房よ。。

集めたがりの男子とオカンの攻防は大人になっても続くのだ。

 

あれからはや5年。

あのお客様は念願通り、集めた酒瓶をバッキバキにできているのだろうか。

 

記念日に乾杯する若造

f:id:hitomicubana:20170118165238j:plain

 

 その「いちげんさん」(初めてのお客様のこと)は、忙しい夜にやってきた。

 

お客様の平均年齢が40~50代のバーで、その人はひどく若く見えた。

 

ここはカクテルもお出しするが、ウイスキーをメインで扱っているので30代のお客様はかなり少ない。

 

たまに団体で来ても、飲む酒は「ハイボール」「カシスオレンジ」など、酒界ではまだまだ若造の域だ。

 

そのときはカウンターが満席で、ゆっくりお話するヒマもなく、バタバタとおしぼりとメニューを渡した。

 

するとすぐに、彼は口を開いた。

 

「響の30年、ください」

 

一瞬、耳を疑った。

 

サントリーが出しているブレンデッドウイスキーの最高峰、響(ひびき)30年。

 

シングルモルトの山崎25年と並んで、ここで一番高い酒だ。

 

お値段なんと、1杯8000円

 

1杯でだじょ~~~。

 

頼む人はいないがボトルを入れると1本20万円である。

 

それでも時々、酔っ払ったサラリーマンたちが

 

「一番高いお酒、ちょうだい!」

 

と言って飲むことはある。

また大変ウイスキー好きなお客様が最後に1杯、ストレートで味わって帰ることも。

(そんなときにコッソリ味見できるのが至福の悦び)

 

でもいくらスーツを着ているとは言えこんな若いお客様が、1杯目から響の30年?

 

(この人、明日、死ぬ気ちゃうやろか…)

 

そう疑いながらも、感情を顔に出さないのがバーテンダー

 

「かしこまりました」

 

とニッコリ笑って、忙しい業務に戻った。

 

 その方はゆっくりゆっくり、味わいながらその1杯を飲んでいる。

 

いちげんさんには隙を見て話しかける主義のわたくし。

(本など読んでおられる場合をのぞく)

 

お店が落ち着いたころ、そっと話しかけた。

 

「いかがですか?」

 

若さゆえの緊張した面持ちで彼は答えた。

 

「いやあ…おいしいです。」

 

「お若いのに、ウイスキー、お好きなんですね」

 

「実は。」

 

彼は語り始めた。

 

「今日、僕の30歳の誕生日なんです。

 

前から30になったら、同い年のウィスキーを飲みたいと思っていて。

 

初めて飲みました。おいしいです」

 

あらまあ。

 

なんて素敵なプレゼントだろうか。

 

彼は10年前には手が届かなかった、大人のお酒を飲める自分を噛み締めていたのかもしれない。

 

「それは、おめでとうございます。

 

私も30になったら、自分のお金で飲みたいです」

 

そう微笑んだ私だったが、30になっても絶賛貧乏だったので未だに飲んでいない。

 

彼は、こんな風に過ごした誕生日を絶対に忘れないだろう。

 

そしておいしかったお酒の味とともに、そのとき話した女性バーテンダーのこともチラリと思い出してくれたらいいな、と思う。

 

 働きアリたちも、ひとりでゆっくりできるバーを持っている。

 

朝の満員電車で立ったまま寝ているサラリーマンも、冴えないオジサンも、夜は間接照明に照らされながら1杯のウイスキーを飲んでいるかもしれない。

 

そうやって自分の心を落ち着けて、ときに店員と語らいながら、ひとり思考する時間は大切だ。

 

何より「バーでひとり飲んでる自分」というのがカッコイイ。

 

そこに聞き上手なバーテンダーがいれば、気分は映画の主人公。

 

バカ騒ぎする体力のなくなった大人の方が、上手な気分転換の方法を見つけているかもよ、というお話。