ヒトミ☆クバーナのケセラセラ♪

 関西在住webライター(メキシコ帰り)の日々。

京都カラオケオフ会で平成生まれと昭和生まれが歩み寄った話

f:id:hitomicubana:20161222224251j:plain

その日京都で待ち合わせた私と明石さんは、ふたりで猫カフェの中をのぞいていた。

 

どこからかカップルたちがやってきては、猫を眺めて去っていく。

 

女「ねーねー、あのネコ、ずっと私のこと見てるぅ」

 男「ほんとだー、あの子となにかあるんじゃない(笑)」

 女「そうかも~」

 男「ほら、ネコが目を合わせるってよっぽどの相手だってゆうじゃん…」

 

それ、なに情報?ソースどこよ??

 

その猫はさっきから誰かれかまわずガン見してますけど?(∩´∀`)∩

 

そんな殺伐とした空気を打ち破るように、明石さんがぽつりと語りだした。

明石さんのクリスマスの過ごし方

明石さん(以下敬称略)

「僕ね~、クリスマスイブに男3人でレストラン行くんスよ。

 一番いいコース予約して。

 カップルだらけの中にあえて突入するんすよ…!」

 

え、なにその罰ゲーム。しかもなぜちょっと得意げに話す?

 

この人、本物のMなんだわ…。(服のサイズが)

 

ヒトミ☆「ん~、きっとイヴのレストランなんて、逃げ恥に影響されたプロポーズカップルばかりですよ。

 そういうカップル見たら、ちゃんと『それは好きの搾取です!』って言って回ってくださいね♪」

 

明石「いや、そんなん見たら僕めっちゃ祝いますよー!(*´∀`*)」

 

ちっ、使えねえな…。

 

そんな重苦しい空気の中、近くのカフェで仕事していた吉見さんが到着。

 

かくして、平成ボーイの明石さんと昭和のお姉さん、吉見&ヒトミ☆のカラオケバトルが幕を開けた…。

 

3時間半のカラオケをダイジェストでお届け

最初は2時間の予定だったのに、気がつけば3時間半歌っていた。

(ほんとはもっと歌いたかったのだが「混んできたからもう延長ムリぷ」と言われました)

 

長いのでカラオケのハイライトだけお伝えする。

 

・ハイライトその1

ヒトミ☆「明石さん、この曲だれの曲ですか?」

 

明石「BUMPっスよ!知りませんか?」

 

吉見・ヒトミ☆天体観測しか知らない」

 

・ハイライトその2

ヒトミ☆「LUNA  SEA歌っちゃおっかな~」

 

明石「LUNA SEAの代表曲って何スか?」

 

ヒトミ☆「(ロージア熱唱)これ、代表曲!知ってるっしょ??」

 

明石「いや、知らないス」

 

・ハイライトその3

 明石「(突然ミスチルのシーソーゲームを歌いだす)」

 

吉見・ヒトミ☆「平成がこっちに歩み寄ってきた」

 

・ハイライトその4

吉見「明石さんに、昔はこんなグループがいたんだって教えてあげるわ…。

ポケビを歌う)」

 

明石「いやー、知らないっスね~…」

 

ヒトミ☆「この時代はテレビの企画でデビューするの流行ってましたよね~、野猿とか」

 

吉見「そーそー、野猿とか!」

 

明石「あ、野猿は知ってます」

 

吉見・ヒトミ☆「何故」

 

(※ヒトペディア:ポケットビスケッツ 1995年~2000年活動。

         野猿 1998年~2001年活動。

         平成 1989年開始。 なぜ野猿だけ知っていたのかは謎のまま)

 

・ハイライトその5

吉見「やっぱりSMAPは歌っとかないとね。

(オリジナルスマイルを入れる)」

 

ヒトミ☆「あっ、この曲、姫ちゃんのリボン…?それとも赤ずきん…?あれ?」

 

吉見「ちがう、あれだ、ほら…オロナミンC

 

ヒトミ☆「あ~!!

 

明石「……」

 

吉見「♪えっがおっだ~き~しめ~」

 

ヒトミ☆「明石さん、この曲知ってます?SMAP!」

 

明石「いやー、知らないっスねえ。自分、SMAPはセロリ以降っス」

 

_人人人人人人人人_

 SMAPはセロリ以降

 ̄^Y^Y^YY^Y^Y^

 

明石さんは8cmシングルを知らない

カラオケで90年代のヒット曲を歌うと、最初にこんな細長い写真が出てくる。

 

f:id:hitomicubana:20161222220853p:plain

 ↑これが8cmシングルCDのジャケットだと言うことを、明石さんは知らなかった。。

 

私と吉見さんの選曲だと毎回この細長いのが出てくるので、そのたびに

 

「これ、8cmシングルだよ~。こんなCDがあったんだよ~」

と説明していたら。

 

とうとう、明石さんがいぶかしげに言った。

 

「ほんとスか?これが、CD?

 

こんなに細長いCDが昔、あったんスか?」

 

……。

 

………。

 

節子ー、それCD本体ちゃう!!

 

ジャケットや!ケースや!カッヴァー!!

 

CDは、ここ。ここ。

f:id:hitomicubana:20161222221638p:plain

 

いつから、その細長いのがUSBにみたいに機能すると錯覚していた…?

 

明石さんて、ど天然なんやろうか。

 

「明石」「天然」といったらもう真ダコしか思い浮かばない。

 

真ダコ獣医師ライター、明石さん。

うん、アリかも。(なしやろ)

 

そのあとのオフ会の様子はちょっと公開できない。

カラオケ後、京都のおしゃれビルヂングに移動し、ひたすらワインを浴びながらトーキング。

 

時が経ち、ワインが進み、どんどん会話がアダルティになっていったので深くは触れないでおく。

 

断片的な記憶の中で、確か私は「博多大吉の指と腕のセクスィーさ」について語っていたことを覚えている。

 

あ、もちろんそれ以外はずっとまじめに仕事の話してましたよ?(うそ)

 

ここが京都であることをしばし忘れ、最後は終電に乗るため京都の街を急ぐことになった。

 

ゆっくりと12月の灯りがともりはじめ、駆け込んだ電車の中、座ったシートに埋もれながら明石さんは

 

「いやぁ~~、楽しかったっすねぇ…」(しみじみ)

 

そうつぶやいた。

 

その一言に今日のすべてが集約されている気がして、電車の中、ひとりで幸せだった…。

 

最後に恒例の明石さんのブログ紹介コーナー

さあ、やってまいりました、恒例の「ブログ読まれるとめちゃくちゃ恥ずかしがる男」、明石さんのブログをあえて紹介するこのコーナー。

 

(イントロ)

 

聞こえてまいりました。

「来年はブログもっとがんばる」と語っていた明石さん。

 

そんな明石照秋さんの最新作は、すべてのノマドワーカーの疑問に答えるかたちのアンサーソングとなっております。

 

それでは聞いてください、明石照秋で、

「カフェのトイレってみんなどうしてる?」

はりきってどうぞー!!

www.piano-syoshinsya.com