読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトミ☆クバーナのケセラセラ♪

 関西在住webライター(メキシコ帰り)の日々。

エヴァも情熱大陸も知らないメキシコ人の夫が逃げ恥にハマったその魅力

f:id:hitomicubana:20161123105929p:plain

火曜は毎週ムズキュンする曜日になってしまったみなさま、こんにちは。

 

メキシコ人の夫は情熱大陸エヴァも見たことがないが、逃げ恥にハマり毎回爆笑、身もだえては床を転げまわっている。

 

…私?

 

逃げ恥を通りこして「ほしのげん」と検索する毎日ですが、何か??

 

 

夫のハマりポイント① ひらまささんと職業が同じ

私は第一話冒頭の「情熱大陸」のパロディですでに笑ってた。

 

いかにも小賢しい、または「意識高い系女子」がやりそうな情熱大陸妄想。私も大好きな番組。

 

しかし夫は当然わからない。見ながら「これはパロディなんだよ」と言ったり日本の派遣切りの説明したりしてやっと理解。

 

ちなみに彼は日本語でドラマを見てもほぼわかる。

 

そんな夫がまず食いついたのが、ひらまささんの職業、プログラマー。(SEかな?)

 

同じ仕事で日本企業で勤めてるので共感できる部分が多いみたい。

 

第一話で締切に追われへろへろになったみんなが栄養ドリンクのんで「フォー!!」と叫ぶ場面に爆笑。

 

「うちの会社と同じ!でもあんなに叫ばないけどww」

 

と言いながら何度も何度も巻き戻して見てた。そ、そんなに…。

 

クソ真面目だけど仕事ができる存在としてまわりから一目おかれているひらまささんに、勝手に自分を投影しているらしい。

 

ハマりポイントその② わかりやすい笑いが大好き

メキシコ人は、イギリス人のような「皮肉の効いたユーモア」よりも、体を張ったわかりやすいネタが好きだ。

 

日本語で「言葉遊び的なユーモア」を発揮されても夫には難しいが、逃げ恥は役者陣の演技が巧みで笑いのさじ加減が絶妙。

 

星野源古田新太藤井隆とメインに舞台経験豊富な役者がいることの安心感がある。

 

なぜだか、映像オンリーより舞台出身の役者の方が細かい演技が得意な傾向あるよね。

 

あとメキシコにはおしゃべりな人が多いので、ウワサ好きや下ネタも好き。

 

てことで夫のツボは沼田さん。

 

6話で、ひらまささんがオフィスで温泉旅行の話してる時、後ろの沼田さんが隠れたソファがガタっと動くシーンで腹抱えて笑ってた。飽きるくらい巻き戻して何回も見てたし。

 

もちろん旅館での「みないでー!!」ジャンプも大笑い。

 

でも7話の「101回目のプロポーズ」シーンでは案の定無表情。

 

夫婦で笑うポイントがちょいちょいずれちゃう。

 

ハマりポイントその③ 少女漫画的展開が大好き

夫はアニメ好き。少女漫画原作のアニメも大好き。

 

男性側に感情移入して、たまに見ながら泣いてる。(そ、そんなに…?)

 

感受性豊かというか、感情がストレートなんです。

 

ブコメの「俺物語」もハマってたし、今は「ユーリ!!! on ICE」毎週見てます。

 

だから、逃げ恥のもどかしい展開にニヤニヤしないわけがない。

 

日本男子はメキシコ人より1000倍奥手で、高齢童貞なんてあちらでは話題になる日も来ないと思うんだけど、恋愛のドキドキ感は伝わるんだな~。

 

6話の最後、電車の中のあのシーンでは見たあと机につっぷしてしばらく放心してたもん。

f:id:hitomicubana:20161123113120p:plain (画・私)

 

わかる…わかるよ夫…!!

 

私は6話だけでも3回みたからね…!!

 

7話なんてこれから何回見るかわからんよ!!

 

ハマりポイントその④ 夫もひらまささんばりに純情

 

 すでに私と結婚してる夫は「プロの独身」ではないのだが、見ながら「似てるな~」と思ってしまうことがある。

 

夫は一般的なメキシコ人とは真逆で

・パーティが嫌い

・他人に自分のテリトリーに入られるのが嫌い

・無駄なことが嫌い

・恋愛に対して不真面目な人が嫌い

 

まあメキシコでは生きづらかろう、というタイプ。だから日本に移住したんだけどね。

 

7話の衝撃のラストも、普通のメキシコ人男性なら

 

「おーまいがー!!ヒラマサ、なんてもったいないんだ!なんて日だ!!」

 

てなるんだろうけど、少女漫画のヒーロー的に生きたい夫からしたら

 

「わかる」

 

の一言。

 

ほしいのはそうじゃないんだ。あなたの、心です。てきな。

 

まあ、私と出会って2ヶ月でプロポーズした「ザ・メキシカン」な夫には言われたくないでしょうけどね!ひらまささんもね!!

 

普遍的なテーマが伝わる逃げ恥すごい

このドラマって「契約結婚」という非日常な状況から始まるんだけど、扱ってるのは愛されベタな人がどうやって他人に心を許して、愛し方を身につけていくか、ていう愛の物語。

 

ひらまささんがみくりちゃんに興味を持つに従って、他の人のことも理解できていくようになるんだよね。

 

私も始めは「結局女の労働は家事なのか?」とか「ひらまささんの沼田さんに対する偏見ひどすぎない?」とかモヤモヤしながら見てたけど、7話で沼田さんに対する偏見は回収されてて「あ、あれ長い伏線だったのか」ってホッとしたり。

 

そういう、人としての普遍的なテーマは万国共通で伝わる。

 

ぜひ韓国版、台湾版、中国版と発展してハリウッドリメイクされてくれ。

 

あ、高齢童貞がいないのか。クソッ。

 

とりあえず年明け早めに劇場版公開など希望します。

 

オマケ:恋ダンスはもちろん踊る

真面目でパーティ嫌いな夫ですが、恋ダンスは踊りますよ、ええ、もちろん。